マンスリーマンションを上手に利用するために知っておきたいこと

一般の賃貸マンションとの違いを知る

マンスリーマンションは一般の賃貸物件と違い、暮らしに必要な冷蔵庫や洗濯機、ベッドなどの家具や家電があらかじめ設置されています。電気やガス、水道などのライフラインもマンションを運営する業者が契約していることが多く、マンスリーマンションは入居した日から通常の生活をおくることができます。一般の賃貸マンションは契約から入居まで手続きなどで時間が必要で、引越しや新居での家電や家具の購入などの費用がかさみます。マンスリーマンションであれば、引越しも身の回りに物、文字通りカバンひとつで入居でき初期費用が抑えられます。

マンスリーマンションはどんな人が利用しているのか?

一般の賃貸マンションは2年契約が一般的です。マンスリーマンションは月単位での利用が可能なので、ある程度利用する期間が決まっているサラリーマンの長期の出張や研修、受験や就職活動などの滞在先、自宅のリフォーム時の仮住まいなどとして活用されています。

また、実家を出て一人暮らしを始める時、新しい土地で働く時などは、知らない土地で土地勘もない時は、自分に合った住まいを見つけるまでの滞在先として利用することも可能です。

契約する時はしっかり確認する

マンスリーマンションは初期費用はかかりませんが、料金を一括で前払いのシステムを採用しているところがあります。その場合は最初にまとまった金額が必要になりますが、分割の相談に応じる業者もありますので利用する際には事前に確認しましょう。また、途中で退去する時や家具や家電の故障や破損については運営する業者によって対応が異なります。契約する時は詳細を確認することが大切です。

マンスリーマンションとは、一般的には数週間から数ヶ月程度という、短期間限定の滞在を目的とした賃貸マンションのことです。