ガソリンスタンドで働く!注意点はあるの?

車が好き、もしくは多少の知識が必要

ガソリンスタンドは当然のことながら車に給油したりタイヤ交換するなどして利益を上げるので、車に関する知識がないと働けません。給油して終了ならまだ大丈夫かもしれませんが、時には車に関する悩みを相談されることもあるので、その場合に何も答えられないようではプロとして失格です。単に給油するだけ、何だか楽に働けそうなどの甘い考えでは決して務まりません。また、レギュラーとハイオクを間違えるなどのミスをすれば最悪車が故障して何百万円という損害賠償を負うことになります。

大きな声は出せるか?

ガソリンスタンドはお客様が窓を閉めた状態で入ってくるので、大きな声で誘導しないと聞こえません。特に誘導している最中に停止位置を間違えるとスムーズに給油できなかったり、事故が発生するなどします。当然誘導中に事故が発生して車が破損すれば、全て誘導した側の責任となります。大きな声を出すのは、慣れていない方にとっては大変かもしれませんが恥ずかしさを捨てたり発声練習することで可能になります。

簡単な整備はできるか

ガソリンスタンドでは、規模や取り組みによって異なりますがタイヤ交換なども行っています。整備士並の知識を要するという訳ではありませんが、簡単な作業くらいはできないと厳しいです。例えば、車をジャッキで上げてタイヤを外しておくなどの作業はスムーズに行いたいです。ただ、未経験でもOKな場合は学びながら働くことも可能なので、一から技術を身に付けていくという手段もあります。

ガソリンスタンドでのバイトは、業務マニュアルがしっかりと整備されているため、未経験者でも簡単に接客ができます。