準備はしっかりと入念に!カフェ開業までの道のり。

まずは出店場所を決めよう。

カフェ開業を決心したら、まず最初は場所選びです。住宅街、商店街、ショッピングモールなど選択肢はさまざまです。自分のテーマ、構想にあった場所を選びましょう。実際にその場所に行き物件を見る、周辺環境を見ることでイメージがわいてくることもあります。気になったら積極的にその場に足を運びましょう。数多く見ることでチェックすべきポイントが自ずとわかってきます。土地勘のある地元の不動産屋と仲良くしていると心強いですよね。

コンセプト、メニューの決定

出店場所を探すと同時に大切なことがお店の「コンセプトづくり」です。どんなお店にしたいのか具体的に説明できるよう、紙に書き出しておくと良いですね。コンセプトはお店の「芯」となる部分です。すぐにぶれるようなことがあってはなりません。お客様にも明確に伝えられるようなコンセプトをしっかりと考え、そしてこれに沿ってメニュー作りをしていくことになります。試作、試食は日ごろから習慣づけておきたいところなので、「思い立ったら作る」を徹底しておきましょう。

物件決定から開業まで

物件が決まったら、次は内装など施工業者の選定になります。自分のコンセプトをしっかりと受け止めてくれる業者を探しましょう。飲食店の施工経験がある業者ならチェック項目がわかっているので安心ですね。店舗工事期間中はなるべく現場に足を運び、細かいところまで不備がないかチェックしましょう。営業許可の申請も忘れずに早めに済ませておくと良いですね。スタッフの人員確保を済ませ、プレオープンなどで営業シミュレーションを入念に行ったら、ようやく念願のカフェオープンです。

開業とは、新しく事業や商売を始める事です。説明の「商売」の言葉通り、お店に使用されることが多いです。医療などの独立もこちらの漢字を使用します。