保育士を目指す人必見!どんな働き方があるの?

公立の保育園(認可保育園)で働く

保育士に一番人気の就職先が公立の認可保育園です。この公立の認可保育園で働くには、地方自治体の試験を受けて合格することで採用されます。公務員として働くことができるため、待遇や将来の安定に向けての安定を得ることができますが競争率も高いのです。採用試験には1次試験と2次試験があります。1次試験は一般教養・専門科目・論文です。2次試験は実技・面接です。1次試験を合格した人が2次試験を受けることができます。公立保育園の採用傾向として一番重視されるのは2次試験の面接です。知識だけでなく、どのような人物であるか人間性を見られることになるでしょう。

私立の保育園(無認可含む)で働く

私立の保育園は公務員ではなく、保育園によって方針も違ってきます。待遇面でも働く保育園や経験で変わってきます。社会福祉法人や宗教法人、または民間の企業が運営しているので働き方も保育園によってさまざまです。保育園によって求める人材も異なるため、採用試験を考えている保育園がある場合には事前に採用傾向をリサーチしておくと良いでしょう。採用試験に関しては1次試験と2次試験があり、公立の保育園とあまり変わりありません。

保育園以外の仕事場も

保育士の職場の多くが保育園ですが、その専門性を必要とする児童福祉施設もあります。主に児童養護施設や乳児院、障害児施設等です。これらが保育園と違う点は、何らかの支援を必要とするこどもとかかわる仕事場であるということです。また、児童家庭支援センターでは地域の住民やこどものいり家庭からの相談を受けたりするため、児童福祉施設との連携を取りながら専門的な視点からアドバイスや援助を行っていきます。保育園と違い、児童福祉施設や児童家庭支援センターでは地域や保護者以外の大人との連携も必要なため複雑な業務もありますが、専門知識を持った保育士にしかできない立派なお仕事ですよね。

保育士の求人なら神奈川が探しやすいです。多くの保育園が建設され、保育士が不足しているため求人が多く出ています。