子育てと仕事、両立するために必要なことは何?

母親と父親の違いについて考える。

結婚をして妊娠して出産して..という流れの中でお仕事をし続けることは容易ではありません。お仕事を続けていくためにはパートナーの協力が必須です。ではまず母親と父親の違いを考えましょう。母親は妊娠して体の変化を感じ母性が目覚めて、出産という大きなお仕事を行い、その後終わりの見えない子育てが始まります。ここで少し考えてみて下さい。父親は何が変わりますか?そうです。何も変わらないのです。これは仕方のないことなのです。

産休中にすることは父親の教育です。

出産後ほとんどの方は産休に入りますよね。これからもお仕事を続けていくために、その間に必ずしておくこと、それは父親への教育です。今は産休中だからとすべて一人で行えば、父親はそれが当たり前になります。産休明けに急に何かお願いしてもできなくて当たり前です。なぜならやったことがないから。お願いされても出来なくて奥さんに「何でそんなことも出来ないの?」なんて言われたら誰でも嫌ですよね。そうならないように、今自分のお仕事がまだ始まってないこの時期に父親も様々なことが出来るようにしておくのです。

協力から分担へ。必要なのは意識改革!

今の時代でも男性は「子育てを手伝っている」という意識の人が多いのが現実です。子育ては母親がするもの、確かに母親にしかできないことはありますが、母親もお仕事をするならば、父親にもしっかり育児をしてもらわなければなりません。ここで大事なのはパートナーの「手伝っている」という意識を「分担して育児をする」という意識に変えるということです。例えば「朝、保育園へ送っていくのはパパの仕事」とか「土曜日の習い事はパパの仕事」などといった具合です。父親にもしっかり育児を分担してもらって母親も無理なく仕事が続けられる土台作りをしていきましょう。

主婦の方が活躍をしている職場はたくさんあります。子育て支援をしてくれる環境が整っている企業もありますし、安心して主婦のパートで働けます。