独立をするためにはどのタイミングで行うべきか

実際に事業を始めてみる

会社員をやっている人の中でも、自分は組織に向かないので独立をしたいと思っている人は、ぜひ独立をしてみるべきでしょう。もしかしたら会社員でいるよりも、自分の能力を何十倍も発揮できる可能性があるからです。ただし、明日から会社を辞めて独立するというのはお勧めできません。なぜなら自分一人でお金を稼ぐことは、会社員をやってるよりもはるかに難易度が高いからです。まずは資金をためつつ、独立したい事業を始めてみることです。

並行してあるのは根気が必要

会社員を辞めて独立をしたい場合は、はじめのうちはどうしても週末だけ自分の仕事をすることになります。平日は会社員として勤めあげ、週末にまとめて自分が独立してやりたい仕事を進めていきます。この時に問題になるのは、単に忙しいことだけではありません。最初はほとんど収入になりませんので、半年以内にあきらめてしまう人も多いです。ですが、今独立して儲けている人も、はじめの2年から3年は赤字だった人が多いはずです。独立して成功するためには根気が必要です。

どのくらいのタイミングで独立をするか

独立のタイミングがあるとすれば、現在の会社員としての収入を上回った時です。例えば会社員の月収は30万円だった場合、もし会社を辞めて独立した仕事に専念できれば30万円以上は上回ると予想できるだけに独立をしてもいでしょう。ただし、ひと月やふた月程度上回っただけではまだ心配です。できれば1年ぐらいは確実に実績を積んだ方がよいでしょう。もしかしたらたまたま稼げているだけかもしれませんので、慎重に行動をすることが賢明です。

会社から独立するためには、しっかりとした計画を立てて、これでいけるというタイミングでなければなりません。